劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
来年2/18(土)に公開予定の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の漫画を描かせていただくことになりました。
第1巻が完全描き下ろしで来年春、発売予定です。
ツイッターやpixivでは既に告知済みですが、なんやかんやあってブログでのお知らせが遅くなってしまいました…。すみません。
『SAO-OS-』告知カット03
こちらの告知カットや詳細は絶賛発売中の「ソードアート・オンライン マガジン Vol.1」に載ってますので、そちらをご確認ください。
少し発売から日数が経ってしまっていますが、多分まだ書店にも置いてあると思います。
ゲームの攻略情報や新作コミックも多数載っているSAOファン必携の一冊です!
IMG_3247[1]
ちなみに一緒に映っているSDのリーファやシリカはこの前一番くじで取ったもの。
SAOはフィギュアもたくさん出ているので、最近は資料と称して色々と集めています。
今月末にはWF限定で頼んでおいたfigmaユウキが届くので楽しみです。

そんな『SAO』ですが、自分が入ったのはアニメ一期の第1話からになります。
MMORPGはほぼ未経験なものの、ゲーム好きではあるので、衝撃的かつリアリティのある世界観や魅力的なキャラクターに魅せられ、2年後にやっていた二期も全話視聴するくらい好きなアニメになりました。
コミカライズのお仕事が決まってからは少しずつ原作も読み進めていますが、改めてすごい作品だなと思わされますね。
元々が商業作品ではなく、著者の川原さんのゲーム愛を詰め込んだ趣味的な要素が大きいのに、誰でも楽しめる王道感も持ち合わせている、このバランス感覚に感心してしまいます。
適度に実現できそうな近未来なので、「自分だったらこうしたい」とか想像できちゃうところも上手いですよね。

原作のパワーがすごいのはもちろんですが、アニメやゲームといった各メディアの展開でも広く成功しているところもすごいと思います。
最近出た新作ゲームなんかも「キャラゲーなのにそこまでガチで作り込むか!」と言いたいくらいの出来で、関わっている人達の本気度、作品世界やキャラへの愛が伝わってきます。
更には海外人気も高くて、ついにはハリウッドでの実写ドラマ化まで進んでいるんだから驚きです。
そんな作品の、「劇場版」という栄えある舞台に端っこの方とはいえ関わらせていただけるのは、本当に光栄なことだなとしみじみ感じます。

今回のお仕事は若干棚ぼたというか、予想外の形で降りてきた案件だったので、自分としては運がよかったなと考えています。
とはいえキリトやアスナを始めとした、多くの人達に愛されているキャラクター達を描くわけですし、選んでいただいた恩に実力で報いることができるよう、誠心誠意がんばっていきたいです。
個人的には前作『どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメ ファイブ』から約2年ぶりの漫画作品となり、随分とお待たせしてしまいましたが、応援していただけると嬉しいです!

最後に、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の最新特報映像を貼っておきますので、よかったらご覧になっていってください。

作画が素晴らしいのでプレッシャーが跳ね上がる…(汗)。
スポンサーサイト
2016 / 11 / 07 ( Mon ) 21:51:02 | お仕事告知 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
| ホーム |